【衝撃】乳首が黒い女性への男性の生の声集めてみた!

縮小版 バスト

 

身体的な女性らしさの象徴とも言える、乳房や乳首。

表立って口に出すことは少なくても、男性にとってはその女性に対する印象を左右する重要なポイントであことは、今も昔も変わりありません。

 

男性が持つ乳首が黒い女性への印象

5d8ce5c94531bf2eb04fcf9b9e44cd37_s

 

遊んでいる

乳首の色が濃くなる理由が経験人数とは関係ないことを現在は多くの男性が知っています。

 

しかし知識として関係ないと認識していても、「性的な経験数が多そう」、「酷使していそう」といった印象を強く持つ男性は多い様で、また同じような印象を持つ女性も多くいるようです。

 

汚い・不潔

もちろん関係はありませんが、色が薄くて白っぽいものが清潔で美しく、色が濃くて黒っぽいものが汚れていると印象を持っている人は多いようです。

 

老けて見える

「薄いピンク色の乳首=若々しさ、みずみずしさ、ういういしさ」といったイメージがあるようです。

 

性的興奮がさめる

”ピンク色の奇麗な乳首”に対する憧れを持つ男性は多い傾向です。

女性といざそういった特別な関係となった時に、黒っぽい乳首であるとがっかりしてしまう男性が多いというのもそういった理由からでしょうか。

 

交際する気持ちにならない

「性的な経験人数が多い」、「遊んでいる」といった印象からか、”自分だけの大切な人”、”真面目にお付き合いする人”の乳首が黒いのには抵抗がある男性が多いようです。

 

不健康に見える

これも個人の印象の問題ですが、「薄いピンク色=健康的」、「黒っぽい濃い色=不健康」といった印象を持つ方がいます。

 

なぜ乳首は黒ずんでしまうのか

82a556ed4b64609bd3421d66549898b3_s

 

生まれついての個性

生まれつき皮膚の色の濃さに個性があるのは当然です。

乳首も生まれついて持っているメラニン色素の量で色みに個性が出るのは当然のことです。

 

摩擦

衣類との摩擦がおきることが原因で、皮膚を守ろうとしてメラニン色素が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

妊娠

出産後の授乳に備え、肌を保護するためにメラニン色素を乳首に集めるので色が黒ずむと言われています。

また、乳児が乳首を見つけやすいように黒ずむとも言われています。

 

授乳期が終われば、徐々にもとの色に戻ると言われていますが、戻りにくい方もいます。

 

加齢

加齢によって新陳代謝が落ちることにより、古い角質やメラニン色素が蓄積して色が黒ずむこともあります。

 

紫外線

屋外でトップレスになる機会が無いから関係ないと思う方も多いでしょうが、衣類を着ていても紫外線の影響を受けています。

目に紫外線があたると細胞がダメージを受け、脳にその情報を送ります。

 

すると脳から肌を守るために、メラニン色素の分泌を促進させる指示がでるのです。

日差しの強い日はサングラスなどを利用することでメラニン色素の分泌を抑制させる効果も期待できます。

 

ホルモンバランス

ホルモンバランスにより色素が沈着しやすい時期としにくい時期があります。

幼少期の乳首の色は薄いですが、実はお婆さんの乳首の色も薄いことが多いのです。

これは女性ホルモンの分泌が弱いからです。

 

乳首にはメラニン色素を作り出すメラニン細胞が多く含まれており、思春期には一気に女性ホルモンが分泌されるので、メラニン色素が増えて色みが濃くなります。

 

思春期に乳首の色が気になり始めるのは実際に色が変化している場合も多くあります。

「加齢=黒い乳首」とは限りません。

 

乳首の黒ずみを解消するには

3dec37a509f24122cfece7708d94195e_s

 

乳首が黒ずんでしまう原因はメラニン色素です。

メラニン色素の生成を抑制し、排出を促すことが出来れば黒ずみを予防・解消することができます。

 

外的な刺激から守ることでメラニン色素の生成を抑制

下着を選ぶ際の的確なサイズ選びや素材に注意することで、余分な摩擦による刺激をあたえないことが重要です。

目からの紫外線による刺激にはサングラスが有効であると考えられます。

 

代謝を促進させるマッサージでメラニン色素の排出を促す

正しいバストマッサージで新陳代謝を促進することによって、黒ずみの原因であるメラニン色素の排出を促進させることができます。

 

専用の美白クリームを使用することで大きな効果を得る

メラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素の排出を促すように処方された専用クリームを使用することで、安全に大きな効果を得ることができます。

 

デリケートな部分であり特別な機会にしか人の目にふれさせることのない部分のケアです。専用に処方された製品を使うことが重要です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ