乳首がかゆい!【原因を知って対処していこう】

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

 

女性ならこんな体験あるとおもうんです。

突然、゛乳首がかゆい゛ってなったことありますよね。

 

すぐ、かくことができる時はいいですが、仕事中にや、人の目が気になる所では、我慢するしかないですよね。

 

そして、また、かゆみがなくなると忘れてしまい、深く考えないものですよね。

でも、その゛乳首が゛かゆい゛って本当にほっといても大丈夫でしょうか?

色々と、まとめてみました。

 

乳首がかゆくなる6つの原因

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_m - コピー

 

乳首が突然、かゆくなってしまうのには、実は、色々と、原因があるのです。

あなたはどのタイプなのかチェックしてみて下さい。

 

乳首が乾燥してかゆい

乳首も皮膚の一部なので、季節が変わると乾燥します。

お肌と同じく乾燥しますが、乳首がガサガサになったり、白い粉をふいたりしないのでわかりにくいです。

 

衣服の摩擦でかゆい

乳首は意外とデリケートなので、衣服やブラジャーなどの摩擦で乾燥してかゆくなります。

そして摩擦で乳首に傷がてきてしまい、それが、治ってくるとかゆくなるのです。

 

ホルモンバランスの変化でかゆい

これは、女性ならではですが、生理中や妊娠中は、ホルモンのバランスが乱れることで、かゆくなることが多いようです。

 

不清潔でかゆい

乳首は、汚れがたまりやすい部分なので、おへそと同じで、へっこんでいたりするので、しっかり洗わないと皮脂などの汚れがたまります。

そして、かゆくなります。

 

化学反応でかゆい

体を洗う、ボディソープや、洗い流したシャンプーやリンスに含まれる化学成分でかゆくなることがあります。

乳首はデリケートです。

 

乳腺の異常でかゆい

乳腺の炎症でかゆくなる症状がでます。

この場合は、何らかの液が出てくる場合もあります。

 

乳首のかゆみを止める対処法

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

 

乳首のかゆみの原因がわかった所で、次は、それを止める方法ですね。

対処法などをまとめました。

 

乾燥には、保湿が一番です。

そこで、スキンケアとして、朝とか晩に、クリームなどを塗ると良いと思います。

乳首専用のボディクリームや、オイルなどもでてるので使ってみることをオススメします。

 

衣服の摩擦には、ブラジャーや下着の素材などを変えるといいと思います。

あとは、サイズ感も大事です。

ぴったりしたもの過ぎても、摩擦になりますので、気をつけてみてください。

摩擦を減らしましょう。

 

ホルモンバランスは、適度な運動をしましょう。

そして、食生活では、大豆などを摂取するのがオススメです。

ホルモンバランスは、自分で意識できるものでもないので、難しいですが、上手く、お付き合いすることご大事です。

 

不清潔は、お風呂に入るたびに優しく、汚れをしっかりとりましょう。

乳首を傷つけないように注意してください。

 

化学反応は、ボディソープなどは、低刺激のものなどに変えると良いと思います。

石鹸なども、オススメです。

 

乳腺の異常は、病院に行くことをオススメします。

市販のお薬を塗るより、病院で治療してもらうことが、大事です。

病院は、婦人科でみてくれます。

 

自分でできること

色々と、対処しても、かゆみがなくならない時は、かくのではなく、乳首をたたくようにして、かゆみをおさめてください。

かくことにより、傷をつけてしまい、また、かゆみが倍増します。

 

そして、かゆみがどうしてもおさまらない状態の時は、かくことで、炎症の原因にもなりますので、皮膚科や婦人科にいき、診察してもらって下さい。

そして、病院で、処方される薬をつけると治りも早いと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ