乳首に黒ずみが出来る4つの原因!【こうやって治してみて】

e7d7d5a920889228f7166192f5b1b3df_s

 

乳首が黒ずむ4つの原因

a6ef02f973524e0f8c97f0619337cb3f_s - コピー

 

乳首の黒い女性は遊んでいる証拠・・・とはよく聞く話です。

この噂が原因で乳首の黒ずみにコンプレックスを抱いている女性は多いです。

また、部位が部位なだけに、なかなか他人に相談しづらいため、悩みが深刻になりがちです。

 

しかし、乳首が黒ずんでくる(見える)のには、ちゃんとした理由があり、それはメラニンの色素沈着が関係しているのです。

これは改善することも可能です。

まずは、その原因から考えていきます。

 

加齢もよる黒ずみ

年齢を重ねると人間は、肌の新陳代謝が悪くなります。

よくスキンケアの話題で耳にする「肌のターンオーバーが低下する」現象のことです。

 

肌の新陳代謝が悪くなると、古い角質細胞がそのまま肌に残ってしまうため、それが原因で皮膚が黒ずんで見えるようになるのです。

 

これは、顔の皮膚も胸の皮膚も同じ構造です。

 

刺激による黒ずみ

皮膚は摩擦や圧迫、炎症などのさまざまな刺激を受けると、メラニン色素が生成され皮膚を守ろうする機能があります。

このメラニン色素が過剰に作られると表皮に蓄積されてしまうため、黒ずんで見えるようになるのです。

 

妊娠による黒ずみ

女性には妊娠をすることによって身体にさまざまな変化が訪れます。

この変化の中に、乳首が黒ずんで見えるという変化も含まれます。

 

これにもメラニンが関わっています。

妊娠した女性の肌は、出産後の授乳に備えて赤ちゃんの吸いつく力に負けない肌を作るために、メラニン色素を生成するよう働きかけるようになります。

 

そのため、妊娠期の乳首の黒ずみは一時的なもので、授乳期間が終われば、徐々に自然と元に戻ることが多いですが、人によっては元に戻りにくい方もいます。

 

紫外線による影響

強い紫外線を長く浴び続けると、メラニン色素が過剰に発生するので肌が黒ずんでしまう原因となります。

これは、直接紫外線を浴びていないと思われる乳首の黒ずみにも関係があるようです。

 

乳首の黒ずみへの対処法

338cc2f8ac0ea0664c24a38991f56e3a_s - コピー

 

黒ずみにはどんな原因でもメラニンが深く関わっているのは間違いありません。

ではこのメラニンに効率的にアプローチをかけて色を薄くする方法をご紹介します。

 

代謝をよくするバストマッサージを実践する

本来形をよくするために行う乳房へのマッサージはリンパを流し新陳代謝を良くするので、乳首の黒ずみを薄めることもできます。

乳首の黒ずみの原因であるメラニンも、肌の新陳代謝をよくすることによって排出されやすくなります。

ここではバストマッサージの方法をご紹介します。

 

バストアップマッサージの基本は、手でやさしくバストを包み込むようにし、『下から上へ』『外から内へ』というようにマッサージします。

 

特に、脇の下や鎖骨の周辺は乳房への血管がたくさんあるのでこの部分へのマッサージを重点的に行うことによって、老廃物を押し出しさらに効果的にバストアップも同時にできます。

 

ハイドロキノン配合の専用のケアクリームを塗ってみる

ハイドロキノンとは、肌の色素沈着に有効に作用する成分のひとつです。

 

この成分で、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制することができます。

つまりハイドロキノンが配合されているクリームを気になる乳首の黒ずみに塗布すると、色素沈着は徐々にではありますが薄くなります。

しかし、これにも薄くなるまでにかかる期間は人によって違うので注意が必要です。

 

この専用のケアクリームは1本5,000円前後で帰るものが多く、乳首の黒ずみだけではなくひじやひざのカサカサ肌にも使うことができるものなので、手軽にさまざまな場所のケアができますし、先ほどご紹介したバストまサージの時にこのクリームを使えば更に効果があります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ