乳首の黒ずみはレーザー治療で克服?【費用やリスクも解説】

cbdf81696a4aaa5de8098a95bd6284c5_s

 

人にはなかなか相談しづらい胸のお悩み。

一人で悩んでしまう方は非常に多いと思います。

ピンク色でハリのある乳輪は憧れですよね。

 

そんな乳輪の黒ずみの原因と改善方法についてご紹介します。

 

なぜ黒ずみになるの?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s - コピー

 

そもそもなぜ黒くなるのか。

元々の体質にもよりますが、女性の場合、女性ホルモンの影響を強く受けます。

 

思春期以降

体の成長に伴い、女性ホルモンの分泌が増えることで、徐々に濃くなっていきます。

 

妊娠・出産

女性ホルモンの分泌が増えることでメラニン色素の生成が促進されて、色が徐々に濃くなります。

赤ちゃんが乳首を見つけやすくするために濃くなるという説もあります。

 

授乳による刺激

摩擦

下着や衣服が肌にこすれることで刺激から守ろうとメラニン色素が作られます。

 

加齢

年齢を重ねると肌の生まれ変わりのサイクルが乱れ、古い角質にメラニン色素が残ることで黒ずみが目立ちます。

ただし高齢になると、メラニンを生成する機能が低下するため、薄いピンク色に変化していきます。

 

乳輪の黒ずみは薄くできるの?

53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_s

 

黒ずみの原因となっているメラニン色素にアプローチする事で、黒ずみを薄くする効果が期待できます。

 

美白成分を含んだクリームを塗り続けるセルフケアや、皮膚科・美容外科などのクリニックで医師に相談してみるという方法があります。

 

どんな治療をするの?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s - コピー

 

クリニックでの治療は、外用薬の処方・レーザー治療と、主に2つの方法があります。

クリニックによって扱っている薬やレーザーも様々なので、電話・メールによるカウンセリングなどで事前に比較・検討されてもいいかと思います。

 

どんな薬があるの?

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

 

メラニン色素を薄くするビタミンC誘導体やトラネキサム酸・ハイドロキノン、肌の生まれ変わりを促進させるトレチノインなどが挙げられます。

 

薬の容量や種類・クリニックによって金額は様々ですが、1か月分で3,000円~10,000円代くらいが相場かと思います。

使い続けることによって少しずつ色素を薄くする効果があります。

個人差はありますが、1か月から3か月くらいで効果を実感される方が多いです。

 

化粧品と比べて効果は高いですが、その分刺激を感じる方もいらっしゃいます。

乳首はデリケートな部分なので、かゆみやかぶれを生じる可能性もあります。

購入される際はリスクや副作用についても十分に説明を受けることをお勧めします。

 

レーザー治療ってどんなことをするの?

57042dacda1a394b1861d2f8f72b0f4d_s - コピー

黒ずみの気になる部分にレーザーを照射し、メラニンを分解して色素を薄くしていく方法です。

 

レーザーと聞くと、強力なレーザーでメラニン色素を焼くような想像をされる方もいるかもしれません。

が、もともと色の濃い部分に強いレーザーを当てるのはとてもリスキーです。

やけどや色素消失、色がまだらになることもあります。

 

最近ではマイルドなレーザーを2~3週間の感覚で5~10回程度照射して治療する、レーザートーニングというものが主流になってきました。

 

レーザー治療の費用はクリニックによって異なりますが、1回約10,000~20,000円、数回のコースで契約すると安くなるところもありますが、回数を重ねるとトータルで約50,000円~200,000円程になります。

 

しかし、すべてのクリニックが最新の機械を揃えているわけではなく、従来の古い機械で治療を続けているところはたくさんあります。

 

肌に合わないレーザー治療を受けたことによって、先ほど挙げたようなやけどや色素消失などの肌トラブルが生じ、返金もしてくれず泣き寝入り…なんていう事態も今まであったようです。

 

このようなリスクや費用・支払い方法などを事前にしっかり確認することでトラブルは防げるので、まずは信頼できるクリニックを探してみると良いでしょう。

 

もっと気軽にケアするには?

e7d7d5a920889228f7166192f5b1b3df_s

 

今までご紹介したクリニックでの治療は、効果は高い反面リスクや費用が気になる方も多いかと思います。

そんな方には、まず化粧品でセルフケアを試してみることをお勧めします。

 

体は顔に比べて肌の生まれ変わりのサイクルが遅く、古い角質が剥がれにくいため、メラニンが肌に残りやすいです。

そのため、顔用ではなく、やはりボディ専用の物を使用されることをお勧めします。

 

美白成分はもちろんのこと、保湿成分がしっかり含まれており、肌をしっかり保護しながら働きかけるという点が、外用薬の治療にはないメリットではないでしょうか。

 

乾燥することで外部刺激から守る力が弱まり、角質が厚くなってしまったり、摩擦により黒ずみが悪化してしまったりする事があります。

そんな黒ずみの原因にアプローチしつつ、肌に優しく美白できる点が魅力的ですね。

 

乳輪の黒ずみに悩んでいる女性はたくさんいらっしゃいます。

まずは何か始めてみることが、お悩みの解消につながりますので、ご自身に合ったものを探してみましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ