乳首の黒ずみをなくすクリームは市販されてるの?

53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_s

 

乳首の黒ずみは女性にとって深刻な悩みですが、場所が場所だけになかなか相談しにくい悩みです。

この悩みが原因で、なかなか恋愛面で積極的になれずに、思い悩むことも多いです。

 

この悩みが、自宅で解決できる方法として、専用のケアクリームがあります。

乳首の黒ずみを薄くするクリームは市販されてるの?

5bebce0be7899e18bb4dcc199737c1f9_s

 

現在は、女性の乳首の黒ずみの悩みに対応できるケアクリームが多種多様にあり、市販されています。

もちろん、直接薬局等で買うのではなくネットショッピングで購入が可能となっております。

 

専用ケアクリームは、乳首だけではなくひじやひざなど商品によってはデリケートゾーンに使用できるものもあります。

 

せっかく買うのなら、全身の黒ずみの悩みが解決できるものがいいですよね。

 

この黒ずみに効く専用クリームとは、乳首に限らず肌にできる黒ずみに効果的な美白成分には肌の美白成分であるハイドロキノンと肌の新陳代謝を促す成分であるトレチノイン酸、メラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くさせる成分のルミキシルペプチド、肌に必要な成分であるが壊れにくいビタミンCの成分を壊れにくくし、効率よく使うことのできるようにしてあるビタミンC誘導体などの成分が配合されているものになります。

 

これらの成分は、黒ずみの原因となるメラニンを作りにくくし、また既にできてしまったメラニンを薄くする作用があります。

ただし、使用する前には注意尾が必要です。

 

トレチノイン酸が配合されたクリームを使用すると、その成分の効果により皮膚がポロポロ剥がれ落ちることがあります。

これは、新陳代謝を促す作用で発生する現象ですが、これが原因で体質によっては皮膚が著しく乾燥しやすくなる場合や、ひどい場合は赤くただれたようになることもあります。

 

必ず医師の指導のもとに使用するべきです。

 

また、特に黒ずみが気になる時期として妊娠中や授乳中が挙げられることが多いですが、この時期に対しての使用は安全性が確立されていないため、使用は控える必要があります。

 

市販されているクリームは効果あるの?

3dec37a509f24122cfece7708d94195e_s
部位に限らず肌にできる黒ずみは、よく耳にする「メラニン」という成分が原因となっています。

肌の美白を目指す上での大敵です。

 

先ほどご紹介した成分が配合されたクリームには、メラニンを作りにくくしたり、既にできてしまったメラニンを薄くする作用があるので、黒ずみに効果的にアプローチをかけることができます。

 

それぞれの成分の詳しい効能についてご紹介します。

 

まず、ハイドロキノンは、以前は美白効果が高いかわりに、刺激が強いので皮膚科でしか処方することができないものでした。

しかし現在は低濃度で刺激の弱いものを使用しています。

これは、黒ずみの原因であるメラニン色素を作り出す酵素のチロシナーゼという成分を活性化しにくくする作用があります。

 

また、メラニンを薄くする作用も持っています。

ビタミンCや次にご紹介するトレチノイン酸と一緒に使うことで、より効果が高まるのでこれらが配合されたクリームには黒ずみに効果があるといえます。

 

次に、ピーリング効果のあるトレチノイン酸肌の新陳代謝を促す成分です。

肌の新陳代謝がよくなるということは肌のターンオーバーに効果があるので、この成分はすでにできてしまった黒ずみを徐々に薄めていく効果があります。

 

ルミキシルペプチドには、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑える効果があります。

それと同時に黒ずみを薄くさせる効果もあります。

このハイドロキノンの17倍の美白効果があると言われています。

天然由来のタンパク質であるため肌への刺激が少ないのも利点であり、注目の美白成分です。

 

ビタミンC誘導体は、先ほどもご紹介しましたが本来壊れやすい成分のビタミンCを壊れにくくし、しっかりと肌にしみこませる役割があります。

しかし、この成分は肌が乾燥しやすいという欠点もありますので、塗った後は必ず保湿するか、クリームを選ぶ際には保湿効果の高いものにするのが大事なポイントです。

 

通販の専用クリームで黒ずみを治す人増えてます!

556cbb143ef44210f235072f189cd1c4_s

 

通販の専用クリームは、手軽に使えるのでホームケアに使う人が増えています。

 

レーザー治療のような治療法もありますが、大掛かりなことをしなくてはならないことや、専門医とはいえ胸を見られることに抵抗があったり、費用面でもいろいろなことを考えるとやはり手軽には使えないものです。

 

では、ホームケアをどのようにすれば効果があるのかというのとその際の注意点をご紹介します。

 

まず、身体の洗い方を改めて見直します。

ナイロンの生地の体をゴシゴシとこすっている場合、皮膚は強くこすることで、黒ずみの原因となるメラニンができてしまいます。

これは肌への刺激を与えたことが原因です。

石鹸をしっかり泡立て、たっぷりの泡で肌を包むようにやさしく洗うようにしてください。

 

主に朝と夜の1日2回にケアをするといった使用頻度のものが多いです。

胸をキレイにした状態でケアクリームを適量を塗りこみやさしく手で包むようにマッサージすることで乳首の黒ずみを軽減し、色を薄くしていきます。

 

しかし、なかには強力な美白成分やピーリング成分を含んでいる製品もあり、肌への刺激が強すぎることで肌を傷めてしまうため、初めて使用する際には、パッチテストを行うようにしてください。

また、容量やケア方法も必ず使用上の注意をよく読んで使ってください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ