皮膚が黒ずむ3つの原因と予防法

29b5d36019178da3dda0074e846df431_s

 

皮膚はなぜ黒ずむの?

82a556ed4b64609bd3421d66549898b3_s

 

毎日ちゃんと洗っているのに皮膚が黒ずんでいる部分があって気になってしまうことってありますよね。

どうしてこの部分だけ黒いの?なぜ黒くなってしまったの?と、悩みのタネになっていませんか?

 

そもそも皮膚の黒ずみにはいくつかの原因があります。

今日はその中でも主な原因とされている3つについてお話します。

 

1つ目は、心当たりの方も多いと思いますが、下着や衣服による締め付けや摩擦によるものです。

下着は同じ部分を長時間締め付けた状態になり、また衣服は動くことによって摩擦を起こし皮膚に含まれるメラノサイトを活発化させてしまう原因になります。

 

2つ目は、肌の乾燥が引き起こす黒ずみです。

特にナイロン製のタオルで洗う方はご注意下さい。

ナイロン製のタオルで洗うと角質も洗い流してしまい、皮膚の表面が傷付いた状態になります。

 

この傷が治るまで約2週間程度かかるそうですが、毎日洗い流してしまっている為に修復ができません。

その結果、広い範囲で角質層も乾燥してしまい黒ずみの部分も大きく広がることもあります。

 

3つ目は、女性ホルモンバランスの乱れから起きるものです。女性の肌はとてもデリケートです。

少し生活習慣が変わってしまったり、妊娠や出産をすることによって、皮膚のターンオーバーのサイクルが崩れてしまうことや、メラノサイトが増殖してしまうことも黒ずみの原因となります。

 

皮膚が黒ずまないための予防法

28acc2680a74204ce530f77cfe322856_s

 

では、どのように対処すれば黒ずみを予防出来るのでしょうか。

例えば下着ですが、お洒落な下着はナイロン素材やレーヨン素材のものが多いですよね。

しかし、これらの素材は通気性も良くなくて摩擦も引き起こしやすいです。

 

綿素材は、通気性も良く摩擦も起こりづらいので普段は綿素材を着用するだけでも予防・改善につながります。

そして、毎日の体を洗うタオルもナイロンから絹や綿素材へ変えると肌の負担もかなり軽減されて、角質層を傷付けることなく汚れのみを落とすことが出来ます。

 

また、女性ホルモンバランスの乱れを整えるには生活習慣の見直しが必要になります。

睡眠時間をしっかり摂ることや適度な運動も心がけでストレスを溜め込まないことも重要です。

 

そして併せて食生活にも注意しましょう。

メラノサイトを分解する要素があるものを日ごろから摂取するようにしましょう。

ビタミンCを朝昼晩と分けて摂取すると効果があります。

ビタミンCが多く含まれているものとして赤ピーマン・ゆず・のりなどがあります。

 

またビタミンCと併せてビタミンEとビタミンAも摂取すると、より効果があります。

ビタミンEには美白効果があり、アーモンド・たらこ・マーガリンなどに含まれています。

ビタミンAにはメラノサイトを抑制する効果があり、チーズ・バター・うなぎなどに含まれています。

 

これらを日ごろから少し気を付けてみるのも良いと思います。

素材を変えて使用したり、バランス良く摂取することで皮膚の黒ずみを予防・解消しましょう。

 

そして、一番必要なことは十分に保湿をしてあげることです。

肌の乾燥は摩擦を引き起こす原因にもなってしまうので潤いのある肌を保ちましょう。

週に1回から2回程度ボディスクラブをしてターンオーバーがしやすい肌状態を保ちましょう。

 

そしてお風呂上がりには、全身にボディミルクやボディクリームを塗って保湿しましょう。

この時に、美白効果のある化粧水を塗ってからボディミルクなどを使うとより効果的です。

更に乾燥をひどく感じた時はお風呂上がりの濡れた肌にオイルを塗ると、より保湿がアップします。

 

毎日のちょっとした積み重ねで出来ることも多そうですよね。

上手に生活に取り入れて皮膚の黒ずみ予防してみませんか。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ